せいいち/大賀

PROFILE

1993年、東京都生まれ。
存在感のある高い演技力が老若男女のファンの心をつかみ、多くのドラマや映画、舞台に出演。映画『バッテリー』(07)で注目を集め、「天地人」(09/NHK)、 「江~姫たちの戦国~」(11/NHK)、『桐島、部活やめるってよ』(12) 「八重の桜」(13/NHK)などに出演し人気を博す。その他にも「あまちゃん 」(13/NHK)、『男子高校生の日常』(13)、『人狼ゲーム』 (13)、『私の男』(14)、『ほとりの朔子』(14)など話題作に立て続けに出演し、第6回TAMA映画賞・最優秀新進男優賞を受賞。ドラマ「ゆとりですがなにか」(16/NTV) ほか映画『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(16)、『淵に立つ』(16)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)に出演。公開待機作に映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』(10月28日公開)がある。

COMMENT
映画に参加するにあたって原作を読ませて頂きました。自らの感情のわからなさに立ち止まる登場人物に強烈に共感を抱きました。あたり前の事なんて何一つもない、男女の平凡な奇跡と、葛藤。この原作のもつ普遍的な尊さがどうか映画に宿ってくれと、撮影に臨みました。
冨永組として「南瓜とマヨネーズ」を作っていく過程は、役者としてあまりにも濃密で幸せな時間で、撮影を終えた今でも、心地の良い余韻がまだ残っています。原作ファンの方にも映画ファンの方にも納得して頂ける作品になっていると思います。